権利と責任

患者の権利と責任

患者本位の医療をめざすため、患者の権利と責任をここに示します。

知る権利

病状、治療内容、検査内容、これらに伴う危険性や回復の可能性などについて、分かりやすい言葉で説明を受け、理解できるまで説明を求めることができます。

自己決定の権利

病状、治療内容、検査内容などについて説明を受けた後、自己の自由な意思に基づいて、治療、検査その他の診療行為を受け入れること、選択すること、又は拒否することもできます。

プライバシーが保護される権利

医療に関する個人のプライバシーは、十分に配慮されます。

参加と協力の責任

これらの権利を守るために、医療従事者と力を合わせて医療に参加し、協力する責任があります。

ページトップ