初診の方

がん診療部ホーム

がん診療部からのお知らせ

2016/6/17 がん患者サロン「結い」にて6月21日、栄養フェティバルを開催します。

公立陶生病院 がん診療部について

 公立陶生病院は、がん診療に関連する全ての診療科・部門の連携をはかり切れ目のない診療体制、各診療科の総力を結集した治療体制を作るべく、「がん診療部」を設立いたしました。 がん診療部では、「がん相談支援センター」、「化学療法センター」、「緩和ケアセンター」、「がん患者サロン」を中心に、地域の皆様に親しまれ、信頼され、期待される病院をめざし、質の高いがん診療体制の充実をはかってい行きます。また、地域に向けた各種の市民公開講座、医療講演会・勉強会などの開催や、地域での「出張がん相談」などを通して、がんに関する情報・知識の普及につとめて行きます。

地域がん診療連携拠点病院

 公立陶生病院は、平成19年に厚生労働省から尾張東部医療圏におけるがん医療の拠点として「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けています。愛知県には都道府県の中心的ながん診療機能をになう「都道府県がん診療連携拠点病院」として「愛知県がんセンター中央病院」、それぞれの2次医療圏(陶生病院は尾張東部医療圏を担当)に一カ所程度指定される「地域がん診療連携拠点病院」があります。

がん診療部の目指す、これからのがん診療とは

がん診療部 日本での統計によると、病気としての「がん」は男性が2人に1人、女性が3人に1人が生涯に一度は罹患するといわれています。今では、決して稀な特別な病気ではありません。また、がん治療の分野は急速に進歩しております。多くの方ががんを克服されたり、病気や症状の進行を抑えることで治療を続けながら生活を送られている方も多くなっています。
 私たちは、がんの診断から手術、抗がん剤、放射線といった治療、がん治療中の生活や治療後の生活、社会復帰、緩和ケアなど、がん診療の全体にわたってサポートしたいと考えています。私たちはがん患者さんへの「医療・治療技術の質」だけでなく、「がんと共に生きる人としての生活」を念頭に長い視点に立って一緒に歩いていきたいと考えています。多くの「がん患者さん」や「がん患者さんのご家族」に、信頼され満足していただけるがん診療を目指します。

連絡先

公立陶生病院 がん診療部 0561-82-5101(内線5231) 担当 稲垣・古滝

がん診療連携拠点病院指定書

ページトップ