緩和ケア

緩和ケアセンター

緩和ケアとは

 単なる延命治療ではなく、治療の初期段階から末期までの身体的及び精神的な苦痛を緩和するとともに、生活面でのケア、家族への精神的ケアなどを行う患者の「生」への質を重視した医療をいいます。

緩和ケアセンターについて

緩和ケア室 がんの患者の痛みや吐き気等の身体症状や精神的苦痛を和らげることを目的として、がん治療の初期段階から関わるのが、緩和ケアチームです。当院に緩和ケアチーム委員会が発足してから数年後、2009年10月にはがん診療部内に緩和ケア室(現緩和ケアセンター)も設置されました。緩和ケアセンターは委員会のコアメンバー(医師・薬剤師・看護師・臨床心理士・医療ソーシャルワーカー・臨床工学士・理学療法士・歯科衛生士・栄養士・事務員)で構成されており、専従医師・専従看護師も配置しています。依頼があれば、主治医・担当看護師と緩和ケアチーム内の多職種のスタッフで直ちにカンファレンスを開催し、ベッドサイド診療も併行するなど、患者や家族に対するきめ細やかなサポートに勤めております。また、退院後も切れ目のないケアを提供するために、緩和ケア内科外来・がん看護外来でがんの患者と家族の在宅療養を支援しております。
 その他、緩和ケア医療の啓蒙のため、地域がん診療連携拠点病院として「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」を開催するとともに、院内スタッフや地域のがん診療に携わる多職種の方々を対象とした講演会も開催しております。

緩和ケア室 太田深雪

  • 緩和ケアラウンド実績

    平成25年度:1521件
    平成26年度:1744件
    平成27年度:2454件

  • 緩和ケア外来実績

    平成25年度:68件
    平成26年度:110件
    平成27年度:259件

  • 緩和ケアチーム
    新規依頼件数実績

    平成26年度:150件
    平成27年度:252件

  • がん看護外来実績

    平成26年度:489件
    平成27年度:514件

  • 医療者向け研修会実績

    緩和ケア研修会(年1回)
    とうせい緩和ケアネット 在宅緩和ケアを考える会(年6回)

がん疼痛治療への満足度調査

 痛みはがん患者さんによく見られ、恐ろしいと感じる症状の1つです。しかしこの痛みは適切な治療によりやわらげることが可能であり、この結果患者さんがその人らしい日常生活を送ることが可能となります。私たちはWHO(世界保健機構)のガイドラインにそったがんの痛みの治療法を中心に、医療用麻薬を含む薬剤療法、放射線療法など様々な方法を用いて患者さんの痛みがやわらぐよう取り組んでいます。そしてその取り組みを評価し、より良いがん疼痛治療につながるよう平成24年4月より定期的にがん疼痛治療の満足度調査を行っています。この調査はがんの痛みがどれくらい適切にとれているのか、また痛みがとれることで苦痛なく日常生活を過ごせているかなどを患者さんにお聞きするものです。そしていくつかのご質問の結果からがん疼痛治療の治療成績を算出しています。そのうちの1つが「除痛率」で、これは患者さんが「痛みがやわらいだ」と感じている割合を示しています。
 当院ではがん患者さんが安心して治療を受けていただけるようにこれからもがん疼痛治療の治療成績を公表し、同時にこの成績がさらに向上するよう取り組んでいきたいと考えています。

年度別がん疼痛治療患者満足度調査の結果pdf PDF ダウンロード
連絡先

公立陶生病院 南棟2階 がん診療部
0561-82-5101(内線5231) 070-5038-6270(直通)
担当者:専従看護師 水元

ページトップ