携帯電話・スマートフォンの使用について

 当院では指定場所以外の携帯電話の使用を禁止してきましたが、医療機器の機能向上によりその影響を受けにくくなっていること、また、政府関係機関からも携帯電話による医療機器への影響が確認されない旨の報告が出されていることから、一定のルールのもとで使用を許可することにいたしました。
 周囲の迷惑にならないようマナーを守って使用していただくようお願いいたします。

【使用ルール】

外来:公衆電話付近、外来棟と中央棟渡り廊下の一部、玄関入り口付近など
入院:医療機器のない個室、談話室内、渡り廊下の一部
※携帯電話使用許可区域を示す掲示板及び床面をカラーテープで表示

【注意事項】

携帯電話一部使用許可●院内は「マナーモード」に設定していただきます。ただし『使用禁止区域』では電源をお切りください。
●通話については『使用許可区域』のみとし、その他の場所では禁止といたします。大声での通話や長時間の使用はご遠慮ください。
●『使用許可区域』内でも医療機器を装着した方が近くにいらっしゃる場合には使用しないでください。
●診察室、循環器内科待合、中央処置室、X線撮影室、各種検査室、手術室、高度治療室、血液浄化療法室等は『使用禁止区域』です。携帯電話の電源をお切りください。
●診療に支障を来たす恐れがある場合は、職員の指示で使用を中止させていただきます。
●万一、携帯電話により医療機器や院内情報端末への影響が発生した場合は、即座に使用を制限させていただく場合があります。
●無線ルーターおよびテザリングの使用はご遠慮ください。
●入院中は、談話室および個室病室(医師の許可がある方)では、午前6時(起床時間)から午後10時(消灯時間)まで使用できます。
●携帯電話はご自身で責任を持って管理・保管を行ってください。医療行為中に携帯電話が破損した場合、当院は免責されるものとします。

ページトップ