研修医

ご挨拶

「早期に基本的臨床能力を習得でき、アカデミックマインドを持った医師になれる初期研修」

研修管理委員長

屋根瓦方式と陶生魂
 当院は救命救急センタ-として愛知県下でも救急車の受け入れ台数がかなり多い方の病院で、年間6800台にのぼります。多くの症例を初期研修の時期に診ることが出来るのは向上心あふれる研修医にとって魅力の一つだと考えます。熱心な上級医・指導医が、診療の面だけでなく生活の面でも気軽に相談にのってくれます。自分の目標となりうる先輩に出会うことができます。ひとつ上がひとつ下を指導する、いわゆる「屋根瓦方式」を実践しています。早期に基本的臨床能力だけでなくチームで対応する力が身に付きます。全科にわたる十分な症例を、救急診療・感染対策・医療安全・緩和ケアなどチーム医療の切り口で経験していただきます。ほとんどの研修医の方が引き続き後期研修も当院で行っています。基礎から専門まで早い段階から実戦で手技を経験させてもらえるという気風があります。安全に気を配りつつも後輩を育てたいという雰囲気が長い研修制度の変遷の中で脈々と引き継がれています。これら「陶生魂」を継承しつつみなさんに新しい風を吹き込んでいただければと考えます。
アカデミックサポートが強い
 アカデミックマインドを持った医師育成に力を入れています。初期研修の2年間は、医師としての基盤を築く重要な時期です。当院では救急外来や各診療科で貴重な症例に遭遇した時には学会発表へつなげるように指導しており、研修医のうちからレベルが高い発表力をつけることが可能です。このように臨床のトレーニングも十分に出来て、臨床研究や学会発表等のアカデミックサポートが充実している病院であるため、日常臨床で遭遇する疑問点・問題点に対する自己解決能力を身につけることが出来ます。研修医のうちからでも情報発信する経験が積めたり、業績を残せたりすることも他の病院には負けない当院の強みだと考えます。病院の理解、多くの先輩医師やバックアップしてくれる各職種の多くの協力があって、充実した研修制度が支えられています。
当院での研修メリット
 当院の研修は、患者さんをしっかり診たい、学会発表や臨床研究もしたいといった情熱に満ちた研修医には受け入れやすいやすいのではないかと考えます。将来、地域医療に生きる、大学で研究に励む、一般病院で臨床をとことん診る、研究と臨床の両方をやるなど、社会貢献を実現するキャリアパスは多岐にわたりますが、皆さんには初期研修の間にどんな医師として生きていくのかじっくりと考える時間を持ってほしいです。当院にはモチベーションが高く、自己研鑽を惜しまず、教え好きの医師がたくさん集まってきており、お互いに切磋琢磨し高めあっています。先輩たちは「初期研修は陶生でよかった」と自信をもって言ってくれています。さらにその後の専門医研修に進めば、どこの病院へ行っても、何科へいっても、どんな状況でも通用する医師としての心構え、そしてもっとも重要な基本的臨床能力が十分に身に付きます。皆さんが将来を決めるにあたってのヒントがたくさんあります。ぜひ一度当院にお越しになり、充実した研修支援といきいきと活躍する研修医たちを見て下さい。
研修管理委員長 中島 義仁

ページトップ