研修医

指導医のメッセージ

研修医 こんにちは。歯科口腔外科の服部雄紀です。
 どこで臨床研修をするのか悩まれている方は多いと思います。特に市中病院の歯科口腔外科での研修は大学病院や開業歯科医院に比べて敷居が高いと感じられている方が多いのではないでしょうか?このコラムがそんな方々の参考になれば幸いです。
 まずは当院の歯科口腔外科の紹介をさせていただきます。当科は常勤歯科医師4名、臨床研修歯科医師2名(1年目・2年目それぞれ1名ずつ)、常勤歯科衛生士6名、常勤歯科技工士2名で診療を行なっています。市中病院の歯科口腔外科の規模としては大きいほうだと思います。診療内容は、埋伏抜歯などの口腔外科小手術はもちろん、唇顎口蓋裂・顎変形症の手術、がん治療については頸部郭清術や放射線併用超選択的動注化学療法も行っています。他には、歯科インプラント治療、マイクロスコープを使用した歯根端切除術など、口腔外科領域におけるほぼ全ての分野の手術・治療を行なっています。口腔外科症例以外には、全身既往のある患者さんの一般歯科診療(う蝕治療・歯周病治療・補綴治療)や病室への往診、口腔ケアも行なっています。つまり、歯科矯正治療以外の歯科・口腔外科診療のほぼ全てを行なっていると思っていただいて構いません。
 当科での臨床研修期間は2年です。1年目から上級医の指導の下、患者さんの担当医として「手術・治療」を実際に行います。2年目の約半年は麻酔科・消化器外科・耳鼻咽喉科にて全身管理研修を行います(希望があれば救急外来・ICUでの研修なども可能です)。当院は医科研修医(NHKのTV番組「ドクターG」に出演した研修医もいます!)の人数が多く、歯科臨床研修医も全研修医の一員です。全診療科個別のセミナー、外傷教育プログラム、救急蘇生カリキュラムなど、医科研修医と一緒に受講することで、基本診療能力を身につけることができる…のはもちろんですが、それだけではなく、「よき仲間」をつくることができるのではないでしょうか。
 最後に、公立陶生病院は医師だけでなく看護師も含め若いスタッフが多く、とても元気な病院です。歯科口腔外科の外来も新しくなる予定です(2018年5月移動予定)。私どもがあなたの歯科医師としてのキャリアの始まりのお手伝いができたら、と思います。まずは見学にいらしてください。「良さ」を分かっていただけると思います! 。

ページトップ