個人情報保護について

 当院は、患者の個人情報を安全に取り扱うことを責務として、以下の保護方針に基づき業務を遂行します。

1.個人情報保護に関する遵守規定及びマニュアルを作成し、患者情報の適切な管理に努めます。
2.個人情報の「収集」「利用」「提供」については、個人情報に関する患者の権利を尊重し、収集目的・使用範囲を明示し、適切な管理に努めます。
3.患者の個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどの予防に努めます。
4.個人情報保護に関する法令を遵守します。
5.個人情報の重要性にかんがみ、個人情報保護の管理者を設置するとともに職員の教育啓蒙活動を実施し、継続的に内容の改善見直しに努めます。

 当院では診療録など個人情報の保護に努めていますが、以下の目的で個人情報を利用し、または第三者に提供いたします。本内容をご理解の上、診療にご協力いただきますようお願いいたします。

1.診療をはじめとするさまざまな医療サービスを提供する際、患者さまの情報を診療録等に利用いたします。
2.診療報酬を請求する際、院外処方箋を発行する際にはそれぞれの業務遂行には欠かせない患者さまの氏名、性別、生年月日、病名及び臨床経過などの必要事項を利用提供します。
3.患者さまの治療上、他の医療機関等との連携を図る必要がある際、外部の医師等の意見・助言を求める必要がある際、他の医療機関等からの照会があった際、またご家族等への病状の説明が必要の際には、それぞれ必要事項を提供いたします。
4.病院管理運営上、医療保険事務や病棟管理、会計、医療安全対策、院内感染対策等に患者さまの情報を利用いたします。
5.採血した検体などを外部業者に委託した場合、検体誤認を防止するために、患者さまの情報を利用いたします。また、事務的業務、作業的業務の一部を業務委託しており、委託業者が情報を利用する場合があります。
6.患者さまのデータを用いて院内で勉強会等の教育目的で利用することがあります。また、学会での発表や論文の執筆を行う事があります。なお、この際に個人が特定出来ないようにいたします。
7.治療成績向上のために予後調査を行い、その結果を基にして当院の治療成績を公表することがあります。なお、この際に個人が特定出来ないようにいたします。
8.専門医、認定医や認定看護師の資格を申請する際に必要な書類にそえて求められる経験症例を報告する事があります。なお、この際に個人が特定出来ないようにいたします。
9.他の施設との共同研究を目的として診療成績を交換する事があります。なお、研究の開始に当たっては公立陶生病院「医の倫理委員会」の承認を求めます。
10.承諾を頂いて新薬の治験に参加して頂く際には、外部の治験担当者が治験に関わる診療録のデータを閲覧し、病院 は治験依頼者に治験成績を提供します。
11.当院に委託された医学生、看護学生、及びその他の医療職等の学生は教育を受ける際に診療録および看護記録などの医療情報を用います。
12.がん登録に関連する情報を国・県等へ提供する場合があります。
 なお、上記のなかで患者さまが、あらかじめ同意を必要と求められる事項については、ご遠慮なくお申し出下さい。その他、質問や情報開示等については、医療相談窓口にて承ります。

ページトップ