臨床工学技室

臨床工学室の業務

人工心肺 人工心肺業務  心臓血管外科医師、麻酔科医、看護師と共にチームの一員として開心術を行います。臨床工学技士は、心臓と肺を代行する人工心肺装置を操作して患者さんの心臓と肺を代行して心臓外科医をサポートします。

カテーテル 循環器科医師、看護師、診療放射線技師と共に心臓カテーテル検査室で、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患の検査、治療のサポートを行っています。治療時には心臓をサポートするIABP(大動脈バルーンパンピング)やPCPS(経皮的心肺補助装置)、IVAS(血管内エコー)などの準備・操作を行って診断、治療のサポートを行っています。

A.心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)

アブレーション 心筋焼却術

循環器科医師、看護師、診療放射線技師と共に、心房細動、頻拍などの不整脈に対してカテーテルアブレーションを行っています。臨床工学技士は心内電位測定装置、体外式刺激発生装置、3Dマッピング装置といった最先端の機械を駆使して、医師のサポートとして清潔野での介助も行っています。



B.ペースメーカー業務

ペースメーカー除脈、房室ブロック、頻脈(心室細動、心室粗動)等の不整脈に対して、ペースメーカーやICDの埋め込み術を行う際のサポートを行っています。業務内容としては、ペースメーカーの設定を行うプログラマーの操作、ペースメーカーを埋め込んだ患者さんの定期的なチェックを行っています。最近では患者さんが自宅にいても院内のパソコン上でトラブルが確認できる遠隔モニタリングを導入して、日々患者さんのデータを確認しています。

慢性呼吸療法1.慢性呼吸不全の患者さんがご自宅で医療器械を使用する場合の機器の説明や退院後のサポートを行っています。在宅で使用する機械には、マスクで人工呼吸を行うNPPV(Non-invasive Positive Pressure Ventilation)、不足した酸素を補うための酸素濃縮器があります。医療機械を自宅で使用する不安感を取り除くため患者さん1人1人に合わせた説明を行っています。外来受診時には自宅で使用していた時に困ったことを傾聴したり、医療器械に蓄積したデータを解析して主治医に伝えよりよい在宅医療の提供を心がけています。

2.睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP療法の説明、指導を行っています。検査にて睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんに使用する機械の説明を行っています。そして、自宅での装着状況を定期的にデータを解析してチェックをしています。それにより、長くCPAP装置を使用して頂ける環境を整えています。

在宅人工呼吸管理3.在宅人工呼吸器管理
在宅で人工呼吸器を装着して見える患者さんのご自宅を訪問して、回路交換、人工呼吸器の点検を行い、在宅医療の安全性の向上に努めています。
 自宅を訪問時には、家族方より機械に対する質問にお答えすることで在宅医療機器を扱う不安を取り除きます。

高気圧酸素治療 高気圧酸素治療はタンクに患者さんを入れ、100%の酸素を吸いながらタンク内に圧力をかけて、血液中の酸素を増やし治療を行います。臨床工学技士は高気圧酸素治療専門医と高気圧酸素治療装置の操作、保守点検、整備、治療予定の作成を行っています。

集中治療 集中治療領域は人工呼吸器・PCPS(経皮的心肺補助)・急性血液浄化など、多くの生命維持管理装置が集約されており、医療機器の安全管理が強く求められます。臨床工学技士は集中治療室で生命維持管理装置の保守管理をはじめ、人工呼吸器治療への積極的な介入、補助循環(PCPS・ECMO・IABP)、持続的血液濾過透析の操作・管理や、緊急内視鏡、高度医療機器使用患者さんの搬送業務などを行っています。

ope室 手術室 手術室には多種多様の医療機器があります。当院では先駆的に手術室に臨床工学技士を常駐化させ、手術を安全に行えるように日々医療機器の点検・管理を行っています。

 今日のME機器は診断、治療において欠かすことのできないものです。臨床工学部では院内で使用されている医療機器全般を部門システムにより管理、日常・定期点検及び修理を行うことで医療現場にて安全に使用できるように努めています。中央管理している医療機器は主として、人工呼吸器、持続吸引器、輸液・シリンジポンプなど約6,000台になります。また、患者さんに直接影響を与える可能性の高い医療機器(PCPS装置、人工呼吸器、体外式ペースメーカー、IABP、除細動器、保育器、AEDなど)については年間を通した定期点検計画を元に点検を施行し、機器の安全性の確保に努めています。

教育 安全に医療機器を使用していただくため、臨床工学部ではRST(呼吸療法サポートチーム)と連携して医師・看護師に向けて定期的に人工呼吸器の勉強会やシュミレーショントレーニングを開催し、医療機器に対する基本的操作方法、知識の向上やアラームに対する最善の対処法の習得を図っています。また、部署別に輸液ポンプ、シリンジポンプ、PCPS、IABP、モニ ターの勉強会を行っています。さらに、近隣の医療機関、訪問看護テーション等のスタッフ向けにも年6回医療機器の研修会を開いています。

ページトップ