入院費用について

入院費用について

DPCについて

DPC
について
Q&A
よくある質問
室料差額・
食事負担について

 当院は平成21年度から厚生労働省のDPC対象病院に指定されました。これにより、平成21年4月1日以降に入院される患者さまの入院医療費は従来の『出来高払い方式』から『包括評価(DPC)方式』へと計算方法が変わりました。なお、診療内容によってはDPC対象外となり、従来どおりの出来高による計算方法でのお支払いになる場合があります。

 従来の診療行為ごとに計算する『出来高払い方式』とは異なり、入院患者の病名とその症状・手術(処置)施行の有無・合併症の有無等をもとに厚生労働省から定められた1日当たりの診断群分類点数をもとに包括評価の範囲(投薬、注射、入院等)と出来高評価の範囲(手術、麻酔、リハビリ等)を組み合わせて医療費を計算する会計方式です。
 医療を標準化し、質の高い医療を提供することを目的として、平成15年4月の診療報酬改定により特定機能病院に急性期医療に係る支払制度として導入されました。患者の病名に対して1日当たりの定額の入院医療費が決定されるため、医療費の増加が抑制されると言われています。

dpc

拡大

1.入院の際に、現在服用されているお薬は全てお持ち下さい。
2.一部負担金の支払い方法は従来と変更はありませんが、2ヶ月以上にわたる入院で、病状の経過 により傷病名が変更となった場合は、前月までの支払額とその差額を調整させていただくことがあります。なお、高額療養費の扱いは従来と変わりありません。
3.傷病名や入院期間等により従来の出来高方式となる場合があります。

ページトップ