外科

【概要と特色】

概要と特色診療担当表医師紹介

 当院外科は常勤医13名(部長6名、専攻医7名)で構成され、一般外科を担当し年間約1000件の手術を行っております。特に近年の主流である低侵襲手術の考え方と技術を取り入れ、患者さんのQOLを重視した”優しい外科”をコンセプトとして腹腔鏡手術を積極的に導入しております。虫垂炎やそけいヘルニアなどの良性疾患から胃がんや大腸がんなどがん全般に対する悪性疾患まで幅広く内視鏡外科手術を推進しております。またダヴィンチによるロボット支援手術もスタート致しました。手術の過半数は胃がん、大腸がん、肝がん、膵臓がんなどの消化器がんや乳がんに対するもので、診断から手術までの期間を1か月未満になるように、当院内科とも密に連携し迅速に治療できるように努めております。さらに手術治療のみならず術前術後の化学療法も外科が担当し、その後の緩和医療も含め、がん患者に対し全人的な質の高い医療を提供できるよう取り組んでおります。
 また乳腺外来、虹門外来、紹介外来など専門外来を充実させて、より利用しやすい外科外来を目指しております。

ページトップ