耳鼻咽喉科

【診療内容】

概要と特色診療担当表医師紹介診療内容

耳鼻咽喉科は耳・鼻・のど・首に関わる炎症性疾患、腫瘍性疾患および機能障害を対象としています。

【突発性難聴】
外来通院での点滴治療を原則としていますが、めまい症状が強く通院治療が困難な場合や糖尿病などの基礎疾患により入院観察が必要な場合は、入院治療を行っています。

【顔面神経麻痺】
外来通院での点滴治療を原則としています。ハント症候群症例でめまい症状を伴う場合や、基礎疾患のある場合は入院観察下での治療となります。また顔面神経麻痺の程度が強い場合や検査により神経変性が高度と診断される場合には、顔面神経減荷手術をおすすめしています。

【鼻中隔弯曲症、肥厚性鼻炎】
鼻中隔矯正術や粘膜下下甲介切除術を行っています。

【慢性副鼻腔炎】
鼻茸のある場合や薬物治療で改善が期待できない場合には、手術治療を行っています。手術治療に際しては、内視鏡下鼻副鼻腔手術を基本としています。病状が進行している場合や奥のほうに病変がある場合に、ナビゲーションシステムを使用し、より安全に手術を行う体制を整えています。 また術後性頬部のう腫などで鼻内からのアプローチが困難な場合は、歯肉切開によるアプローチを選択しています。

【鼓膜穿孔、慢性穿孔性中耳炎】
手術治療が必要な場合や聴力改善が期待できる場合に、鼓膜形成術を行っています。小児では全身麻酔下が多く、成人では鼓膜穿孔の位置・場所・大きさなどを総合的に判断して全身麻酔か局所麻酔かを選択しています。鼓膜形成術が困難な場合などに、鼓室形成術を行っています。

【慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎(真珠腫)】
手術治療が必要な場合や聴力改善が期待できる場合に、鼓室形成術を行っています。

【耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍】
耳下腺腫瘍摘出術、顎下腺腫瘍摘出術を行っています。 真珠腫、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍は顔面神経と近接していることが多く、顔面神経刺激装置ニムレスポンスを使用し、術中に顔面神経をモニタリングすることで、より安全に手術を行う体制を整えています。

【睡眠時無呼吸症候群】
耳鼻咽喉科のみでなく、循環器内科、神経内科、歯科口腔外科および臨床検査科と協力して診断・治療に当たっています。


【診療方針】
地域に根差した病院として、常に質の高い診療が提供できることを目指しています。現在耳鼻咽喉科領域においても診療の専門化・細分化が進んでおり、限られた人数が全ての領域を網羅することは難しくなってきています。こういった状況に対応するため診療科や病院の垣根にとらわれることなく、納得のいく診療を受けていただけるように他科や他病院との連携を積極的に行っています。

ページトップ