循環器内科

【認定施設・施設基準】

概要と特色診療担当表医師紹介診療実績認定施設・施設基準

 当循環器部門は以下の各学会より専門医教育を行う上で必要とされる基準をすべて満たしているとの施設認定をうけています。
●日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
●日本心血管インターベンション学会認定研修施設
●日本超音波医学会認定専門医超音波研修施設
●日本不整脈学会認定不整脈専門医研修施設
●アテレクトミー冠動脈形成術
●レーザー冠動脈形成術
●カテーテルによる経皮的冠動脈形成術

【高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル(ロータブレーター)による経皮的冠動脈形成術】
-狭心症に対する特殊治療-
1)循環器科および心臓血管外科を標榜している病院であること。
2)冠動脈、大動脈バイパス移植術を年間30例以上実施しており、かつ、経皮的冠動脈形成術を年間200例以上実施していること。
3)循環器科の経験を5年以上有する医師が1名以上勤務しており心臓血管外科の経験を5年以上有する医師が1名以上常勤していること。等
【エキシマレーザー血管形成用カテーテルによる経皮的冠動脈形成術】
【埋込型除細動器(ICD)移植術】
-不整脈に対する特殊治療-
1)循環器科および心臓血管外科を標榜している病院であること。
2)心臓電気生理学的検査を年間30例以上実施していること、なおこのうち5例以上は心室性頻拍性不整脈症例に対するものである。
3)開心術または冠動脈大動脈バイパス移植術を合わせて年間50例以上実施しており、かつ,ペースメーカー移植術を10例以上実施していること。
4)循環器科および心臓血管外科および心臓血管外科の常勤医師数がそれぞれ2名以上であること。
5)所定の研修を修了している常勤医師数が2名以上であること。等
【心臓再同期療法(両心室ペースメーカー植え込み術)】
-心不全に対する特殊治療-
1)循環器科および心臓血管外科を標榜している病院であること。
2)心臓電気生理学的検査を年間50例以上実施していること、なおこのうち5例以上は心室性頻拍性不整脈症例に対するものである。
3)開心術または冠動脈大動脈バイパス移植術を合わせて年間30例以上実施しており、かつ,ペースメーカー移植術を10例以上実施していること。
4)体外式を含む補助人工心臓等を用いた重症心不全治療の十分な経験のある施設であること。
5)循環器内科および心臓血管外科および心臓血管外科の常勤医師数がそれぞれ2名以上であること。
6)所定の研修を修了している常勤医師数が2名以上であること。等

ページトップ