呼吸器・アレルギー疾患内科

【概要と特色】

概要と特色診療担当表医師紹介診療内容診療実績

特発性肺線維症 ARDS 人工呼吸 気管支喘息 COPD 肺癌 肺炎 呼吸リハビリテーション

【特色】

●当院の呼吸器・アレルギー疾患内科は、現在谷口、近藤、木村、片岡、横山、山野、鈴木、富貴原、伊藤の9人のスタッフとその他の医員・レジデントで構成されチーム医療を行っています。
●国内でも有数の症例数を誇り、標準的治療から最新治療まで、質の高い呼吸器診療を提供しています。
●国内外の数々の呼吸器疾患のガイドライン作成メンバーが診療を行います。
●新薬治験にも積極的に参加しております。
●肺移植患者数も地域の基幹病院の中では国内有数です。
●学会発表や論文発表も積極的に行っています。


【概要:代表的疾患に対する診療】

(各疾患の詳細については各疾患サイトをご参照ください)

a) 間質性肺炎、肺線維症
 世界でも有数の診療実績を誇ります。より正確な診断と適切な治療方針を提供しています。最先端の治療法や、新薬治験にも積極的に参加しております。

b) 肺癌検診
 異常が疑われ紹介された方は、初診日にヘリカルCTを撮影し、その後カンファレンスにて全員で所見を検討した上で方針を決定しています。

c) 肺癌
 標準的医療から臨床治験まで行っています。一般的に治療が難しいとされる他疾患をお持ちの患者さんの治療も行っております。外来・入院化学療法を行っています。

d) 喘息
 ピークフローを指標とした管理と吸入ステロイドを中心とした治療を行っています。吸入指導や、呼吸機能も詳しく評価いたします。

e) COPD(慢性閉塞性肺疾患)
 総合的な診断・評価、そして吸入薬を中心とした治療を行うとともに、積極的に呼吸リハビリテーションを行います。

d) 慢性呼吸不全
 呼吸リハビリテーションに加え、在宅酸素療法や在宅人工呼吸療法も積極的に導入しています。

e) 肺炎
 原因となる病原体の推定、同定により適切な治療を行います。

f) ARDS(急性呼吸促迫症候群)などの急性呼吸不全
 最新の酸素療法、人工呼吸管理を駆使し、良好な救命成績を得ています。従来救命困難とされた超重症の呼吸不全症例に対してECMO(「人工肺とポンプを用いた体外循環回路による治療」でエクモと呼びます)も行っております。

 呼吸器・アレルギー疾患内科では、患者さんのご要望に可能な限りお応えしながら、生活の質(QOL)を重視し、あわせてエビデンスに基づいた最新の治療を行っています。呼吸器疾患でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ページトップ