脳神経外科

【診療内容】

概要と特色診療担当表医師紹介診療内容診療実績

【1.くも膜下出血】
 くも膜下出血は急性期の管理がとても重要です。当院では救急外来で診断がつくとすぐに脳神経外科専門医に引き継がれ急性期の治療が始まります。急性期手術は主にクリッピングを行っていますが、血管内治療専門医と検討の上血管内塞栓術も行います。

【2. 脳腫瘍】
 必要に応じてナビゲーションやABR、SEP、MEPなどの術中モニタリングを用いて安全で低侵襲な手術をめざしています。悪性脳腫瘍に対する補助療法(化学療法、放射線療法)については名古屋大学脳神経外科の悪性脳腫瘍治療指針に沿って最新の治療を行っています。補助治療としての通常の放射線治療は当院で行いますが、特殊な放射線治療(ガンマナイフ、サイバーナイフ、ノバリスなど)については必要に応じて他の施設に紹介します。
(悪性脳腫瘍:膠芽腫、星細胞腫(神経膠腫)、転移性脳腫瘍、髄芽腫、 悪性リンパ腫、胚細胞腫、未分化神経外胚葉性腫瘍など)
(良性腫瘍:髄膜種、聴神経腫瘍、下垂体腺腫、血管芽腫、頭蓋咽頭腫、類上皮腫など)

【3. 頭部外傷】
 いつでも緊急手術が可能な態勢をとっています。

【4. 脳出血】
 開頭血腫除去術、内視鏡的血腫除去術、CTガイド下血腫除去術のいずれもが可能です。急性期よりリハビリテーションを開始します。

【5. 下垂体腫瘍】
 内視鏡で経鼻的に腫瘍摘出術を行います。顕微鏡手術より患者さんの体への負担が軽くなり、入院期間も短くなります。

【6. 未破裂脳動脈瘤】
 くも膜下出血を起こす危険が高いと判断した場合、開頭クリッピング術または血管内塞栓術を行います。

【7. 三叉神経痛、顔面痙攣】
 微小血管減圧術により神経痛が劇的に消失します。片側顔面のひどいけいれんも同様に手術により治すことができます。

【8. 脳虚血】
 脳梗塞超急性期には神経内科によりt-PA療法が行われることがありますが、無効例や不適応の場合、血管内血栓回収療法を行うことがあります。慢性期には神経内科との合同検討会で手術適応を決定し、頸動脈内膜切除術、血管内ステント留置術、浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術などを行っています。

【9. 水頭症】
 L−Pシャント、V−Pシャント、内視鏡的第3脳室開窓術のうち最も適切な方法を選んで治療を行っています。

ページトップ