産婦人科

【概要と特色】

概要と特色診療担当表医師紹介周産期母子センター

 産婦人科は『女性の一生を守りつづける』ことをスローガンにいろいろなニーズにあった診療、治療に心がけています。  当科では専門分野が主に三つに分かれています。すなわち、子宮癌や卵巣腫瘍などの治療をする腫瘍部門、妊娠、分娩を取り扱う周産期部門、不妊症やホルモン異常の診療にあたる生殖部門にわけられます。
 婦人科部門(腫瘍部門)ではお腹を切らない腹腔鏡下手術を導入し、子宮外妊娠、卵巣嚢腫は90%以上、また子宮筋腫は50%を腹腔鏡下に対処しています。悪性腫瘍の治療は、常に内外の最新治療に目を向けるために、日本癌治療学会、婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構(登録参加施設に認定)に参加し、医師個人の判断でなく、科学的根拠に基づいた治療を心がけております。またできるだけ臓器を残す手術(温存手術)や自分自身の血液だけで手術ができる(自己血輸血)、疼痛緩和など女性の心身に優しい治療を目指しております。
 産科部門(周産期部門)では愛知県から地域周産期母子医療センターに指定されており、ハイリスク妊娠の紹介や母体搬送を積極的に受け入れています。妊娠中期切迫早産の妊娠継続に積極的に取り組み、切迫早産、多胎妊娠、妊娠高血圧症候群、不育症、胎児診断、遺伝相談などで専門的診療を行っています。母乳外来、パパママ教室開催など、母子ともに安全な病院を目指しています。
 生殖部門では不妊症に対し原因検索を行い、排卵誘発、人工授精などの治療、さらに腹腔鏡や卵管鏡による検査および治療を行っています。
 その他、月経困難症、思春期異常、更年期障害、骨粗鬆症など専門的に取り組んでいます。産婦人科でも他科同様専門分化が進んでいますが、専門性のある医師が中心となって症例検討を十分に行い、皆さんに最善の医療を提供するように努力しています。分野別の詳細につきましては診療内容、診療実績をご覧下さい。

ページトップ