消化器内科

【診療内容】

概要と特色診療担当表医師紹介診療内容

 消化管に対しては、多くの緊急処置をしており、胃・十二指腸潰瘍の大量吐下血に対して内視鏡にて止血をし、また小児の異物誤飲に対しても、小児科医と連携をはかり安全に除去しております。胃・食道癌にたいして、胃カメラやバリウム、超音波内視鏡検査にて早期発見を心掛け進展度を確実に診断し、粘膜下層切開剥離術(ESD)を積極的に施行しております。大腸ポリープも内視鏡的ポリペクトミー、及び粘膜下層切開剥離術(ESD)にて、できうる限り内科的に治療を行っております。不幸にして進行癌で経口摂取できなくなった患者さんに、食道、胃、大腸にメタリックステントを挿入することにより在宅療養が可能になるよう治療を工夫しています。また、新たに小腸カプセル内視鏡の施行が可能となり、今まで困難であった小腸病変の診断も容易となりました。

 ウイルス性肝炎に対しては、生活指導を含めた総合的な治療により悪化を防止し、肝硬変への進展や肝臓癌の発生を抑える努力をしております。特にC型肝炎に対しては、インターフェロンを使用しない、新しい抗ウィルス薬での治療を積極的に行っています。内服薬で、副作用も少なく、外来にて治療可能です。食道静脈瘤に対しては内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)や内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)等の治療をしています。また肝臓癌の早期発見を目標に腹部造影MRI、CT、CTアンギオ、カラードップラーエコー、造影エコー等の先端機器を駆使し診断に役立てています。肝臓癌に対してはラジオ波凝固療法(RFA)や、経皮的エタノール注入療法(PEIT)、肝動脈化学塞栓療法(TACE)等にて治療を行っております。

 胆膵領域でも緊急処置を数多く行っており、急性胆管炎、胆嚢炎に対し内視鏡的胆管ドレナージ術(EBD)、経皮経管胆道ドレナージ術(PTCD、PTCCD)等で急場を凌ぎ、内視鏡的治療(EST、EPLPD、EPBD)を中心に結石の除去を行っています。また閉塞性黄疸にたいし、上記の方法に加えてメタリックステントを留置し、質の高い生活ができるような治療を心掛けております。胆道、膵臓癌に対しても各種画像診断検査にて早期発見を目指し、適切な治療にあたっております。

 手術不能な進行癌に対し、最新の化学療法も数多く手がけております。また、経口摂取ができなくなった患者さまに、胃瘻増設術(PEG)を施行しております。消化器外科や放射線科とも密接に連携し、消化器カンファレンスで1例1例検討し、診断は正しいか、どの治療が一番に良いのか、スタッフ全員で検討しております。

ページトップ