新生児部門

養育医療について

 身体の発達が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児が、指定医療機関(当院)で入院治療を受ける場合、その医療費を公費で負担する制度です。


対象 出生時体重が2,000g以下、または生活力が特に弱く医師が入院養育を必要と認めた乳児。
公費 食事代(ミルク)を含んだ入院医療費が公費負担となります。
(紙おむつ代や実費検査代は対象外)
(ただし、世帯の所得税合計額が高額な方は、一部自己負担金が必要となる場合があります)
手続き 管轄の保健所への申請により、公費(養育医療券)が受けられます。
(有効期限は前月まで、遡っていただけますが、退院後は受け付けていただけません)
1回の申請期間は最長3ヶ月ですが、1歳未満まで継続申請できます。
場所 地域医療部医療ソーシャルワーク室
(南棟4階エレベーター降りてすぐ左手)
開室時間 月~金曜日 9:00~17:00
お問い合せ 0561-82-5101(代)NICU担当医療ソーシャルワーカーまで
専門の相談員である医療ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)が、ご家族への心理・社会的なサポートを行っています。

※必要書類・手続き方法は、地域医療部 医療ソーシャルワーク室にてご案内しております。
※たとえば、
・ご家族のご心配、不安や悩み。
・医療費の公費負担制度等、各種福祉制度の利用。
・在宅での療養方法や福祉サービスの利用。
・地域の保健機関や行政機関との連携。
・その他誰にして良いかかわからないこと。など
 お気軽にご相談下さい。

ページトップ