薬剤部業務

薬剤師の業務

内服調剤業務

内服調剤 内服調剤 調剤室では外来患者さん、入院患者さんの薬の調剤を行っています。処方せん・薬袋・ラベルの出力を自動化し、またコンピュータを利用することで、重複投与・相互作用などのチェックを行います。処方内容、検査値、薬歴などから処方の監査を行い、疑義があれば処方医へ問い合わせをします。リスクの高い薬品は処方せんに薬歴を記載し適切に使用されているか確認を行います。処方せんに調剤する薬品の棚位置、数量、識別コードを印字することにより、誰でも行いやすい調剤環境を整え、調剤過誤の防止に努めています。外来患者さんの薬は、窓口で適宜必要な説明を行い薬剤師が渡しています。 新たに吸入薬が開始される場合、院外・院内処方に限らず医師の依頼に基づき吸入薬の使用方法を指導しています。初回指導の数ヶ月後に吸入が上手く行えているかフォローする機会を設けています。

注射調剤業務

注射調剤 注射調剤 注射室では、主に注射薬の外来・病棟への払出しを行っています。入院患者さんには個人別一施行毎の取りそろえを行い、調剤をする際には投与量・用法・併用禁忌・配合禁忌などについてチェックすると共にコンピュータ上でも併用禁忌・配合禁忌を監査させることでより安全な投薬が行えるようにしています。

DI室 DI室 主な業務:医薬品情報の収集、整理、保管
医療スタッフへの情報提供(中毒、薬物相互作用、配合変化など)
治療薬物モニタリング(TDM)
 薬は、適正な薬物療法を行うための「情報」を付加することによりはじめて医薬品として機能します。薬品情報室では、医薬品の有効性を最大限に発揮させ、副作用を最小限に抑えるために、情報の収集、分類、整理、評価、選択、発信を行い、医療の向上・発展に日夜努めています。
 TDM:血中濃度、身体データ、検査データなどからより有効で安全な薬物治療が行えるよう処方設計、提案を行っています。

治験・薬品管理室 薬品管理室では使用する医薬品の購入・供給・品質管理などを行っています。医薬品の新規採用に関しては、高度先進医療に対応できるよう配慮し、災害拠点病院としての役割を果たすため薬品備蓄も担っています。 治験室では新GCP(医薬品の臨床試験の実施に関する基準)に基づいた適正な治験をおこなうために、治験薬の管理をはじめ、安全性に関する情報収集、当院の治験審査会に向けての治験依頼者からのヒアリング(話し合い)などを行っています。

製剤室 製剤室

 製剤室では主に次の3つの業務を行っています。
1) 院内特殊製剤の調製:診療上必要で製薬会社から販売されていない薬剤を使用したい場合は、診療科の依頼により院内で調製を行っています。
2) 高カロリー輸液の無菌調製:医師から依頼を受け、無菌室内で無菌的に細心の注意をはらって調製しています。
3) 抗がん剤の調製:高清掃度な安全キャビネット内において適切な防護下で調製を行うことにより、無菌で安全性の高い薬剤を提供しています。調製の際は、調製者と確認者の2人でダブルチェックを行っています。レジメンに沿って、投与量や休薬期間の監査をしています。

 当院ではICU、NICUを含め全病棟に病棟担当薬剤師を配置し、薬剤管理指導を通して効果的かつ安全な薬物療法のための支援やリスクマネージメントに寄与しています。 服薬指導:薬に対する不安や疑問をなくし、安心して服薬できるよう薬の効果、服用方法、服薬意義、副作用、注意点などについて指導を行い、治療への理解や退院後の服薬管理を支援します。患者さんとの面談や検査値などのデータから、治療薬の効果や副作用を確認しています。また、服薬指導を通して得られた情報、問題点は他職種と共有しています。 処方薬の管理:入院時に持参薬を確認し、相互作用、重複投与はないか、治療や検査を行う上で注意しなければならない薬はないかなどチェックを行います。
 また医薬品適正使用のため、病棟スタッフへの情報提供等を積極的に行っています。

  • 病棟

    医師とのディスカッション

  • 病棟

    他職種との情報共有

  • 病棟

    ICUでの薬剤管理

  • 病棟

    NICUでの混注

  • 病棟

    看護師への情報提供

  • 病棟

    看護師への情報提供

躍
  • 母乳教室
    母乳教室

    ・母乳の有益性
    ・薬の胎児への影響
    ・母乳育児中の服薬アドバイスなど
    授乳中の薬に対する不安軽減を目的に説明

  • 結核指導
    結核指導

    ・抗結核薬の服用意義
    ・起こりうる副作用
    ・副作用が出た時の対応など
    患者さんに理解してもらうことを目的として説明

  • 糖尿病教室
    糖尿病教室

    ・一般的な薬の服用方法
    ・糖尿病治療薬の効果、副作用
    ・低血糖時、飲み忘れ時の対処法など
    患者さんの体験談を伺いながら説明

導

ページトップ