薬剤部

先輩薬剤師からのメッセージ

 病院薬剤師は患者さんに薬を説明して渡すだけではなく、医師、看護師、その他のスタッフとコミュニケーションをとりながら治療の問題点の改善に関わったり、ときには治療計画の立案から参加するなどとってもやりがいがありますよ。また、最近では感染、栄養管理、がんなどの分野において薬剤師ならではの役割も重要視されており、他のスタッフからも期待されていると思います。

 あなたは、どんな薬剤師を目指していますか?「やりがい」とは何でしょうか?就職先を決める時には、一度考えてみてください。人それぞれ違う考えがあって当然だと思いますが、当院の薬剤部は、「やる気」と「熱意」があれば、1年目からでも目標を実現させる土壌があると思いますよ。

 私は現在ICU病棟に配属され、急性期の薬物治療を学んでいます。1年目から学んできた知識をフルに活かし、医師や看護師、臨床工学師と治療について話し合っています。薬以外の分からないことは他職種のスタッフが教えてくれたり、逆に薬剤師目線で薬物治療に対して提案することもあり、チーム医療へ積極的に参加することで充実した毎日を過ごすことができています。実臨床の勉強をしたい人にとって、この環境は最適な場所だと思います。

 当院では1年目から病棟業務に携われるため、医師や看護師、医療スタッフとの連携の中で現場の医療を学ぶことができます。その他学会発表など活発に取り組んでいます。

 病棟に配属されてもうすぐ1年になります。病棟業務は患者さんへの服薬指導や薬の管理はもちろんですが、医師や看護師から質問されることも多く自分の知識やコミュニケーション能力が養われていると思います。病棟業務だけではなく、抗がん剤調製や注射薬の調剤など各部署の業務もローテーションで行っており、さまざまな業務に関わることができるところが良い点だと思います。

ページトップ