チーム医療

薬剤師が関わるチーム医療

 当院ではそれぞれの患者さんに最適な治療を行うことを目標に、多職種が集まり情報・意見交換等を行っています。薬剤師は以下のような活動に参加しています。

ICT 抗菌薬の適正使用を目指して、医師、看護師、臨床検査技師と共に検討会を行っています。薬剤師は患者選択や治療経過要約の作成を行うと共に、薬剤選択と投与方法に関して積極的に発言しています。

攻

NST NSTラウンドでは患者さんの栄養状態を評価し、その患者さんに適した栄養管理法を提言しています。薬剤師は、静脈栄養や経腸栄養、また薬剤に関する情報提供を行うなど、NSTの一員としての役割を果たしています。

食

緩和ケア 緩和ケア オピオイドを使用している患者さんに対し、疼痛緩和・苦痛軽減を目的に、依頼に基づき定期的にラウンドを行っています。薬剤師は薬剤選択や副作用について助言し、患者さんのQOLの改善に寄与しています。

緩

D2ST せん妄やBPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia, 認知症の行動・心理症状)の治療に薬剤が必要なことや、また、薬剤が症状の原因となることがあります。薬剤師は認知症・せん妄チームラウンドにて、患者さんが使用している薬剤に対する情報提供を行っています。

輪

救命救急 救命救急チームは緊急度・重症度の高い患者さんに対して薬物療法に関する知識・技術アセスメントを行うチームです。医師、看護師、臨床工学技士等の医療スタッフのみではなく、救命士や消防士、事務、ケースワーカーなど様々な職業の方々と連携して業務を行っています。

技

 外来化学療法チーム・褥瘡対策チーム・リハビリカンファレンス・そらまめの会(腎臓病教室)

ページトップ